インビザライン マウスピース矯正専門医院

表参道駅B3出口 から 徒歩3分 マウスピース矯正専門医院

WEB
予約
矯正治療・費用
最高認定医
アクセス
公式LINE
マウスピース矯正

矯正歯科 費用の相場はどれぐらい?種類別に解説

悪い歯並びを根本から改善できる矯正歯科治療

長年のコンプレックスを解消できるのなら、矯正期間中の不便やストレス、痛みなどは我慢できるという方も少なくないことでしょう。

ただ、費用の面に関しては、忍耐や努力で解決はできません。

それだけに矯正歯科治療の費用については事前に詳しく知っておきたいものです。

ここではそんな矯正歯科治療の種類別の費用相場と支払い方法について当院がわかりやすく解説をします。

矯正歯科治療の費用相場

ひと言で矯正歯科治療といっても、治療する歯の範囲では「全体矯正」と「部分矯正」

使用する装置の種類によっては「マウスピース矯正」と「ワイヤー矯正」に分けられるため、費用相場を一概に語るのは難しいです。

この章では、全体矯正と部分矯正、そしてマウスピース矯正のインビザラインをピックアップして、矯正歯科治療にかかる費用相場をご紹介します。

ワイヤー矯正による全体矯正と部分矯正の費用

全体矯正と部分矯正の費用

ワイヤー矯正による全体矯正

全体矯正とは、文字通り歯列全体の歯並びを改善する方法です

治療対象となる歯がすべての歯となるため、ブラケットを接着する本数も多くなります。治療にかかる期間も自ずと長くなることでしょう。

【全体矯正の費用相場】
800,000~1,200,000円程度

全体矯正で歯並びを治す場合は、800,000~1,200,000円程度の費用がかかるのが一般的です。

ブラケットとワイヤーを歯列の裏側に固定する「裏側矯正」の場合は、費用がもう少し高くなる点に注意が必要です。なぜなら裏側矯正では、特別なブラケットを使用したり、歯科医師に高度な技術が求められたりするからです。

そのため裏側矯正の費用相場は1,400,000~1,600,000円程度となっています。

ワイヤー矯正による部分矯正

部分矯正とは、歯並びの中で気になる部分だけを治療する方法です

少ない場合は前歯1本だけを治すこともありますが、多くても複数本の歯の矯正にとどまります。

ブラケットなどの装置を装着するのも歯列の一部に限定されることから、治療に伴う痛みや不快症状は全体矯正より少なくなっています。治療期間も1年以内に終わるケースがほとんどです。

【部分矯正の費用相場】
300,000~600,000円程度

部分矯正では、全体の歯並びや噛み合わせまで整えることはないので、費用もその分だけ安くなります。

選択した装置によっても変わりますが、全国的には300,000~600,000円程度が相場となっています。

当然ですが全体矯正よりもかなり費用が安いため歯並びの治療にかかる費用を抑えたいという方にはおすすめです。

ただし、部分矯正では治せない症例もありますので、必ず矯正歯科でカウンセリングおよび精密検査を受けるようにしてください。

マウスピース矯正(インビザライン)の費用

マウスピース型矯正のインビザラインは、プランによって費用が大きく変わります。

  • インビザライン・コンプリヘンシブ(インビザライン・フル)
  • インビザライン・モデレート
  • インビザラインGo(ゴー)
  • インビザライン・エクスプレス
  • インビザライン・ライト

上記の5つのプランの費用相場をご紹介します。

【インビザライン・コンプリヘンシブ(インビザライン・フル)】

インビザライン・コンプリヘンシブ(インビザライン・フル)の費用

費用相場:800,000~1,200,000円程度

インビザライン・コンプリヘンシブ(インビザライン・フル)とは、これまでインビザライン・フルと呼ばれていたプランです。

最も標準的なインビザラインであり、使用できるマウスピースの枚数に制限がありません

ほとんどの歯並びにも適応できる汎用性の高いインビザラインのプランといえます。

そんなインビザライン・コンプリヘンシブ(インビザライン・フル)の費用相場は800,000~1,200,000円程度となっています。

【インビザライン・モデレート】

インビザライン・モデレートの費用

費用相場:700,000~900,000円程度

インビザライン・モデレートは中等度の歯列不正に適応できるプランで、使用できるマウスピースは最大で26枚です。

矯正歯科治療にかかる期間は1年程度で、費用は700,000~900,000円程度が全国的な相場となっています。

【インビザラインGo(ゴー)】

インビザラインGo(ゴー)の費用

費用相場:300,000~600,000円程度

インビザラインの部分矯正に該当するプランがインビザラインGo(ゴー)です。

一番前に位置する中切歯から、5番目に位置する第二小臼歯までを動かせる部分矯正のプランです。

口元の審美性を大きく左右する前歯部の歯並びだけを治したい場合に適したインビザラインといえます。

インビザラインGoは部分矯正なので、治療は半年程度で終わります。

全国的な費用相場も300,000~600,000円程度で、比較的安いのが特長です。

【インビザライン・エクスプレス】

インビザライン・エクスプレスの費用

費用相場:300,000~500,000円程度

インビザライン・エクスプレスは、最大7枚までマウスピースを使用できるプラン。

治療対象となる歯は歯列全体に及びますが、最大7枚までマウスピースまでとなるため、矯正後の後戻りのリカバリーや微調整に用いられることが多いインビザラインのプランといえます。

インビザライン・エクスプレスの全国的な費用相場は300,000~500,000円です。

【インビザライン・ライト】

インビザライン・ライトの費用

費用相場:450,000~700,000円程度

インビザライン・ライトは、最大14枚までマウスピースを使用できるプランで、エクスプレスと同様、歯列全体が治療対象となります。

使用可能なマウスピースの14枚数からもわかるように、軽度の歯列不正の治療に向いているインビザラインのプランといえます。

インビザライン・ライトの全国的な費用相場は450,000~700,000円程度です。

矯正歯科治療の支払い方法

ここまでは、矯正歯科治療にかかる費用の相場について解説してきました。

総じて高額な費用がかかる治療なるため、支払いに不安を感じている方もいらっしゃることでしょう。

その点はご安心ください。矯正歯科治療では、いくつかの支払い方法が用意している歯科医院がほとんどです。

その中からご自身が無理なく支払うことができる方法を選ぶと良いでしょう。矯正歯科治療の支払い方法の詳細は、後段で解説します。

矯正歯科の支払い方法

矯正歯科の支払い方法

矯正歯科治療の費用は、一括払い・分割払い・デンタルローンといった方法で支払うことができます。

一括払いに関しては、現金やクレジットカードでの支払いが想定されます。分割払いとデンタルローンに関しては、システムが少し複雑になります。

分割払い・ローンを利用する

医院独自の分割払い

歯科医院によっては、矯正歯科治療の費用の支払いを独自の分割払いで対応しているところが多々見られます。

例えば、矯正歯科治療で1,000,000円の費用がかかった場合に、それを1年で4回に分けて支払ってください、という分割払い制度を設けている歯科医院があります。

どのような分割払い制度を設定しているかは歯科医院によって異なるため、詳細については各自でお問い合わせください。

デンタルローン

デンタルローンは、歯科治療に特化した立替払いサービスです。矯正歯科治療のみならず、インプラントやセラミック治療なども適用されるのが一般的です。

いわゆるフリーローンよりも金利が低く設定されていることから、支払い回数が多くなっても大きな損失を被ることはないでしょう。

実際、矯正歯科治療の費用を84回払いなどで返済される方も珍しくありません。

デンタルローンの申し込みは、歯科医院が窓口なるため、金融機関に足を運ぶ必要がなく、利用しやすい点も魅力のひとつです。

医療費控除を利用する

矯正歯科治療の費用は、医療控除の対象となります。

医療費控除の申請手順

1年間に支払った医療費の総額が100,000円を超えた場合に利用できる公的な制度で、対象となる治療を受けた場合は積極的に利用することが推奨されます。

上でも解説したように、矯正歯科の治療は、部分矯正であっても300,000円程度はかかるため、すべてのケースが医療費控除の対象となるといっても間違いではありません。

ただし、審美性を向上させるためだけに矯正歯科治療を行った場合は、医療費控除の対象外となりますので、その点はご注意ください。

ですから、ご自身の矯正歯科治療のケースが医療費控除の対象となるかどうかは、カウンセリングの段階できちんと確認しておいた方が良いといえます。

矯正歯科治療の費用に関するQ&A

Q.矯正歯科治療は保険適用されますか?

A.原則として、保険は適用されません。

そのため矯正歯科治療は自費診療で受けることを前提に検討を進める必要があります。

ただし、歯や顎の発育に先天的な異常があったり、顎変形症の手術を受けるために歯列矯正が必要となったりする場合は、例外的に保険適用される場合があります。


Q.矯正歯科治療の費用は全額負担ですか?

A.自費診療で行う矯正歯科治療の費用は、全額自己負担となります。

上段で解説したように、医療費控除を利用することで、支払った医療費の一部を税金の還付という形で受け取ることができます。


Q.矯正歯科治療の費用はローンで支払えますか?

A.デンタルローンという立替払いサービスを利用できます。

デンタルローンは歯科治療に特化した立替払いサービスなので、金利が低く、申し込みもしやすい点が大きなメリットといえます。

ただ、すべての歯科医院がデンタルローンに対応しているわけではないので、関心のある方は取り扱いの有無を各自でお問い合わせください。


Q.矯正歯科治療の費用はクレジットカードで支払えますか?

A.クレジットカードで支払うことができます。

これも歯科医院によって対応が分かれる点です。歯科医院によっては、現金払いのみに対応している場合もあるため、事前に支払い方法の選択肢を確認しておくことが大切です。

まとめ

今回は、矯正歯科治療の費用相場を種類別に解説しました。

全体矯正の場合は800,000~1,200,000円程度、部分矯正の場合は300,000~600,000円程度が全国的な相場となっています。

近年、人気が高まっているマウスピース型矯正インビザラインは、プランによって料金設定が細かく分かれているので、ご自身の予算や歯並びの状態に合ったものを選びやすくなっています。

そんなインビザラインによる矯正歯科治療を表参道で受けたいという方は、いつでもお気軽にルーチェマウスピース矯正歯科までご相談ください。

当院は表参道でインビザライン矯正に力を入れているマウスピース矯正専門医院です。

他院では、有料で行っている初診相談・歯型スキャン・レントゲン・3Dシミュレーション・調整費用・保定費用などをすべて無料で行っております。

インビザライン・コンプリヘンシブによる全体矯正も660,000円で受けることが可能です。

投稿・監修者プロフィール

ルーチェスタッフ
このブログでは、患者様や一般の方々が歯科医療に関する理解を深め、健康な歯と口腔を保つための情報を提供しています。新しい治療法や予防のためのケア方法、口腔衛生に関するヒントなど、幅広いトピックにわたって記事を更新いたします。

関連記事

PAGE TOP